【経営者向け個人指導】


 当流の個人指導には、経営者や事業主、リーダーなどが多数在籍しています。

 

 それは、当流が一般の武道とは違い、優れたリーダーである戦国武将の武士道哲学をも学ぶことが出来るからです。それらの学びが、経営者や事業主、リーダーにとって有益な事は、既存の生徒様が証明してくれています。

リーダーに必要な内面の強さと正しさを学びながら、リーダーに必要な整って強い心身の獲得を目指します。

 

 まずは一度体験にお越しください。皆様のお越しをお待ちしております。

 

代表師範 埴原有希士

≫こんな方におススメです

 ●事業主、リーダー、指導者の方

 ●武士道の哲学に関心が高い方

 ●じっくりと古武術を極めたい方


【当流の特徴】

●戦国の神道系流派として

 

 一口に古武術と言っても、時代に決まりはありません。江戸時代でも、それ以前でも、古武術です。

 

 当流は、戦国時代の合戦の技術を伝えます。武芸十八般を学びます。体術、剣術、槍術、甲冑、暗器など。

 

 また当時は仏教か神道から哲学の着想を得る場合が多く、当流は神道の教えを持ちます。

 

 

 当流は、一芸に秀でる武術家の育成ではなく、リーダーにふさわしい、技能、人格、哲学を持ち合わせた【武将】の育成を志す流派なのです。

 

(道幸師範代 伊勢神宮下宮勾玉池奉納神楽舞の図)

 

【神道系の流派とは】

 

 日本の古い武術は、大体が仏教か神道のどちらかを元にして、その精神哲学にアプローチしています。当流は、神道を重視した哲学を持つ「神道系流派」です。

【神道系の流派とは】

 

 日本の古い武術は、大体が仏教か神道のどちらかを元にして、その精神哲学にアプローチしています。当流は、神道を重視した哲学を持つ「神道系流派」です。

 

伊勢神宮 外宮 勾玉池舞台

 

甲州流柔術奉納神楽舞

【指導内容】

 代表師範がそれぞれの進捗や体力に合わせて丁寧に指導いたします。

 

 心身の鍛錬、技の習得から、当流の武士道哲学に至るまで余すことなくお伝えし、目録以上の高位の免許授与まで一貫して指導させて頂きます。

≫傳位について

 

【指導内容】※ご要望に応じ以下内容をご提供します。

 1.体術や武器術(刀剣など)の技術指導

 2.戦国武士道に基づく哲学の教授

 3.武士道コーチング・カウンセリング

【費用など】

 指導は1コマ100分で開催します。ご希望があれば50分に分割も可能です。ご相談ください。

 

 経営者コースは通常個人指導とは異なり、以下の特典がございます。

 1.スケジュール優先確保

 2.すべての稽古用具貸与

 3.武士道コーチング・カウンセリング

内 容 備 考 金 額
 入会金  入会時のみ 5000円
年会費 初年度不要 13000円
体 験 40分 3000円
月3コマ 100分×3日分 40000円
月4コマ 100分×4日分 49000円

●キャンセル規定

3日前までのキャンセル:1コマにつき1500円ご負担ください。

2日前~当日キャンセル:1コマにつき3000円ご負担ください。

【指導者】

埴原有希士(はいばらゆきじ)

甲州流柔術 代表師範

(社)和文化教養普及協会 代表理事

武士道コーチ

昭和60年生まれ

【指導会場について】

 基本的に当方指定の会場(ノアスタジオ新宿、下記参照)で指導いたします。また、出張指導も可能です。(出張費3000円+交通費別途)

【会場名】

ノアスタジオ新宿 3F

東京都新宿区西新宿1丁目3−14

 

【会場説明】

新宿西口駅D4出口すぐの好立地。

新宿駅 西口より徒歩4分、都営大江戸線 新宿西口駅D4出口すぐ。

 

【特 徴】

・完全個室

・冷暖房完備

・シャワー、更衣室有り



【多くの経営者が学んでいます】

今井章夫さん

税理士法人代表

 

 埴原先生のもとで稽古始めて5年半ほどになります。

 

 先生御稽古の特徴と言えば、その9割が「組手・乱捕り・立会い」です。(※熟練者に関しては)

 

 当流は、「まず、相手ありき」。「自分ではない他者」との関係を抜きにしては実生活は成り立ちえない。この「自分ではない他者」との関係をコントロールすることが当流派の肝であると理解しています。理解していると可能とは当然異なりますが。

 

 「目付」「間合い」「拍」この鍛錬には当流派の埴原先生のご指導はうってつけと思っています。

 

 達成度は、残念ながら大したことはない、と自戒はしています。

 

 「千日の稽古を以て『鍛』とし 万日の稽古を以て『錬』とする」・・先は長いですね。

 

道幸武久さん

スタープラチナ株式会社 代表取締役

 

まず、感謝です。

 

わたしは、なんでも3日ボウズです。

心 体 技 バランスよく指導いただける のが、とくに心が 深い と 思います。

 

雑兵のためでなく武将のためがわたしには、相性よく先生の人間性もすばらしいです。

日本刀、槍も指導いただき自分自身が人間てしても深まるのを 感じます

 

わたしが やりたかったのは、格闘技でなく武術です。

そこが わかりました。

宇部由紀乃さん

 

 幼少より15年間モダンダンスを習っていましたが、時代劇の殺陣にずっと憧れをもっていました。2児の母となり、心身共に強くなりたい、昔やりたかったことをやってみたいという想いから入門しました。

 

 武術とダンス…対極にあるように見えて、実は身体の使い方がとてもよく似ています。埴原先生を目標に、自分らしい動きを会得できるよう、今後も心技体を修練していきたいと思っています。

斉藤雄一さん

 

甲州流柔術 経営者個人指導コースを受けて

 

私は次期経営者として修業中の身です。

このコースを受ける前まで私には様々な悩みがありました。

 

特に日々考えていたのは『自信がない。』←どんな意志や考えを持つべきか?

ある経営者向けのセミナーで言われた。

『経営者とは神のように想像し、王のように命令しながらも奴隷のように働く人』

←・神のような想像力、ビジネスアイディア発想力を出すには?

 ・人にお願いしても嫌われない王(経営者)とは?

 ・モチベーションを維持しながら働き続けるには?

という悩みでした。

 

そんな悩みを持っているとき、お世話になっている方からの紹介で埴原先生に出会い

この人ならと思い、始めさせていただきました。

 

実際に甲州流柔術の動きを学び、埴原先生とお話させていただき見方、とらえ方、考え方を学び、学んだことと仕事をつなげて考える。

それを続けることで身体と心、両方で学ぶことが出来ており、上記の悩みも解決していきました。(まだ全てを理解しきれている訳ではございませんが、気づきはあります。)

 

まだまだ未熟者ですが、仕事とこのコースの努力を継続していき、

結果を出し続ける経営者になれればと思います。


「経営者に最も必要な戦国武士道」

 まず知っていただきたいのは、武士道には二つあるという点です。

 

 多くの方は、武士道とは、主君の命に従い、己の命も厭わない。そんな自己犠牲のサムライを想像するかもしれません。

 

 これは江戸時代以降に、天下泰平の世を迎え、土地に縛られ、主君に縛られたサムライのイメージです。しかし、戦国時代は異なります。

 

 日本中で熾烈な戦争状態にあり、戦国大名は常に有能な人材を求めていました。ですから、腕に覚えが有る武士は、自らの腕前を武器に自身を売り込み、就職活動です。そして、雇用主からの待遇が悪い、将来性が見えないと判断したら、退職、転職可能だったのです。

 

 現代風に分かりやすく例えれば、江戸時代以降のサムライはブラック企業の正社員。戦国時代の武士は、己の腕で活躍する事業主やフリーランスと言い換えることが出来ます。

 

 我々は、企業に絶対服従のサラリーマンから志を学ぶべきでしょうか?

 

 我々は、戦国を力強く自由闊達に活躍した戦国武将にこそ、学ぶべき哲学があります。これを当流では「戦国武士道」と称しています。

 

 そんな戦国武士道の学びには、現代のリーダーにも必要な哲学があります。

【経営者と強い心身】

 経営者は、一国一城の主に当たります。つまり看板であり神輿(みこし)です。

 

 神輿は立派でなければなりません。担ぐに値する存在で居続けなければいけないのです。

 

 欧米の経営者に肥満体が居ない話は有名です。経営者に、自制心、教養、人間的強さが求められます。

 

 経営者が病んでしまうと、自分だけではなく、会社の皆が苦しむ事になります。常に強い心身を保ち続ける責任があります。その為の哲学と身体の鍛錬なのです。

【中庸な心身の強さと自信】

 ビジネスの基本は人です。様々な人がいます。社員、ライバル、取引先など。他者に対するブレない強さが重要です。ブレない軸を生むのは「心身の強さ」に他なりません。

 

 どんなに良い商品を持っていても、自信が無い態度ではその価値は伝わりません。しかし、高慢ではもっといけません。大事なのは中庸(バランス力)です。

 

 中庸とは、バランスの取れた、偏りのない状態です。慢心や偏見無く、正しく人と関わる為の秘訣です。

 

 清廉潔白で素晴らしい「陽」の面しか持ち合わせていない人間はいません。陽=光が大きければ、それと同じだけ陰=闇を持っている。物事の二面性を理解し、清濁合わせのみ、そして偏らない事も一つの中庸さです。

 

 経営者には、このバランス感覚が不可欠です。物事を決めつけず、偏らず正しく捉える能力です。それを心身を通して、正しく獲得するための修行と鍛錬を提供しています。