【武士道カウンセリングとは】


【カウンセラー紹介】

埴原有希士

(ハイバラ ユキジ)

武士道カウンセラー

メンタル心理カウンセラー

甲州流柔術代表師範

 

カウンセリング実績

年間200件超


【武士道カウンセリングをお勧めする方】

●経営者や個人事業主

●武士の強さを取り込みたい方

●武士の強さの根源「戦国武士道」を学びたい方


一般的なカウンセリングとの違い

 

一般的なカウンセリングは、西洋的な悩みへのアプローチと言えます。

カウンセラーはは、アドバイスをしたり、解決方法を提案する事はありません。ひたすらに話を聞く「傾聴」という手法を取ります。

 

この方法が、日本人の、例えば経営者や男性にも最適でしょうか。実はそうではありません。

 

例えばアメリカ人はどうでしょう。言いたい事ははっきりと主張する事が美徳の、コミュニケーションの国です。

 

日本人はどうか。日本人男性は、「恥」の文化から、他人に何もかもさらけ出す事で、話すだけですっきりするという行為が苦手です。

 

価値観は、もちろん多様です。ですが多くの日本人が一つの理想形として持つ「男性観」は、我慢強いサムライの様なイメージではないでしょうか。

 

「武士は食わねど高楊枝」

「男は涙を見せない」

 

そんなイメージが根強く残っています。

そんな日本人の、特に男性。そして経営者などの立場有る男性は、なかなか弱みを話す、悩みを打ち明けるは不得意と思います。

また、周りにそういった人間が少ないものです。

 

そんな中、「武士道カウンセリング」は、従来のカウンセリングとは大きく異なりる、まさしく

 

「男性や経営者向けの、学習型カウンセリング」

という手法を取っております。

 

そしてその手法の根底にあるのが。

「戦国武士道」の教えです

そもそも「戦国武士道」とは何でしょうか。

 

一つ知っていただきたいのは、武士道には二つある(当流の解釈)という点。

多くの方は、武士道とは、主君の命に従い、己の命も厭わない。そんなサムライを想像するかもしれません。

 

これは江戸時代以降に、天下泰平の世を迎え、土地に縛られ、主君に縛られた、そんなサムライのイメージです。しかし、戦国時代は異なります。

 

そこら中で争いがある中、戦国大名は人材を求めています。ですから、我こそは腕に覚え有りな武士は、自らの腕前を武器に自身を売り込み、就職活動。

更に面白いのは、待遇が悪い。将来性が見えないと判断したら、自ら職を辞することが出来たのです。これを致仕と言います。

 

あえて分かりやすく例えれば

江戸時代以降のサムライは正社員

戦国時代のサムライは個人事業主やフリーランス

と言い換える。

 

我々は、社長や上司に絶対服従のサラリーマンから志を学ぶ?

それよりは、当時の時代を力強く、自由闊達に活躍した戦国武士道にこそ、学ぶべき強さと中庸さ(バランス)があります。そして理想と現実の中間にある、戦国武士一流の哲学があると信じています。

 

中庸の心得が大事。

当流は、古流の中でも、神道系、つまりその哲学の基礎を神道の教えから得ています。中庸、調和などはそれ故に大事な哲学です。

 

そんな戦国武士道、甲州流の学びには、現代のリーダーにも必要な哲学があります。


【武士道カウンセリングの概要】

45分 5000円
90分 9000円

 

※領収書発行可能

※税込み

 

【受講方法】

①カウンセリングはZoomを利用して行います。事前の導入をお願いします。

 

②カウンセリングを受けるには、相応のインターネット接続環境が必要となります。スマホ端末やパソコンなどを使って、Wi-Fiの繋がるご自宅などでの受講を強くお勧めいたします。

 

 

【お支払いについて】

事前に、指定口座にお振込み頂きます。

 

【重 要】

お客様都合によるキャンセルの場合、キャンセル規定に従い、ご返金を行います。なお、一度までは別日程に繰り越しをお受けします。ただし、なるべく確実なスケジュールでご希望ください。

 

●キャンセル規定

3日前までにキャンセル 80%

前日までにキャンセル 50%

当日キャンセル 100%

※お振込手数料はご負担いただきます。