· 

薙刀柄制作

当流師範代の依頼を受けて薙刀の柄を製作しました。

試し切りに用いるので、実用に耐える性能で、装飾性は問わないという注文でしたので、安価に制作です。工法は従来のものではなく、簡略化しています。

 

柄の大まかな部分は彩色し、ところどころ漆塗りを施します。

 

柄頭側には鉄材で補強も施しています。

ワンポイントで貝を。

 

漆塗り部分はグリップ力が増して滑り止めにもなります。

 

また見た目のアクセントにも良いので、全面ではありませんが必要な工作です。

 

中子を覆う木部は、こちらも鉄材で覆う予定です。まずは中子が入る部分の削り出しです。

 

細かな調整を行いながら慎重に削り出しです。

 

後から柄とこちらを鉄材で連結させます。

 

無銘ですが刀身は美しいものです。

 

刃も立っており、すぐにでも実用可能な状態です。

 

完成が楽しみですね。

 

そして完成品がこちらです。

 

長さは8尺3寸ほどあります。

 

並みの住居では天井に突き刺さりますね。

 

かなり頑強に仕上がりました。

 

満足の出来です。

 

一応プライバシー処理笑

 

この様なサイズ感です。

 

今度機会がったら試し切りの動画も掲載したいと思います。

 

師範代も満足の出来でした。

 

その後武術談義をして帰宅。

 

実用拵えでよろしければ、薙刀、槍の柄の製作を承ります。

 

お気軽にお問合せください。