· 

居着かない事は学び続ける事

 

このブログでも再三その重要性を記している「居着き」

 

自身は居着かず、逆に相手を居着かせる事が勝利に通じる道です。

 

居着くとはどういう事か。

 

居着きには身体と心の両面での現象があります。

 

身体の居着きは分かりやすいでしょう。またこれを説く指導者も多いと思います。

 

では心の居着きとは何か。

 

心の居着きとは、心から中庸な働きが失われた状態と言えます。

 

中庸とはごく簡単に言えばバランスがとれた状態と言えます。

 

バランスを欠く事。これは当流の稽古でも再三戒めている内容であります。

 

偏らず、決めつけず、奢らず。つまり正しい心の働きを妨げる、負の感情を持たないことが、中庸かつ、心の居着きを取り除く入口となります。

 

武術に限った話ではないでしょうが、相応の実力を身に付け、立場を得ると、人は新たな学びへの意欲が失われることがあります。

 

こと伝統を重んじる道には多い傾向だと思います。

 

人間は変わらないとは言えども、時代、習俗、常識、暮らし、言語等の様々な要素は、日々少しずつ、時に大きく変わり続けているものです。

 

伝統をないがしろにしては本末転倒ですが、ですがやはり常に「学び」続けることが全ての道に、そして全ての人にとって最も重要な事です。

 

技は常に創意工夫の余地有り。

 

今の自分が絶対ではない。ここからまだまだ先がある。

 

そうでなければ生きている甲斐がないとは思いませんか。

 

これもまた武術に限ってはありませんが、こうした人生を豊かにするような類の学びは、いつだってあなたの側にあるものです。

 

私は武術もそうしたものの一つと考えています。

 

その様な学びとして、武術を人生の学びとして取り入れて頂ければ幸いです。

 

その為の手助けが出来るのであれば、これは幸せな事だと感じます。

 

 

埴原 有希士