· 

人と違う。だからより良い。

武術にはルールが存在しないことは何度か触れています。

 

つまり何をしても良いわけです。

 

となると以下に想像もつかない行動を、技を思考できるかが非常に重要になります。

 

武術は命のやり取りという極限の状態の中にあるものです。

 

命を守る(またはとる)という明快かつ重要な目標があるのです。

 

過日の武術家はこの「思考」に腐心し、様々な試行錯誤の上に流派を残しました。

 

 

現代において「人と違う」「少数派」「異端」などはともすれば大変ネガティブなものとして捉えられます。

 

武術を学ぶことで、他との「違い」を受け入れ、誇りとするお手伝いができれば幸いです。

 

何かに悩まれている方でも、武術という寄り代を。

 

気軽に門を叩いていただければと思います。

 

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士