· 

古流剣術としての当流

古流を語る際に、流派の系譜系統を云々する場合もあるが、ここは一つ術技の特徴について記述したいと思います。

 

剣術と一括りに言っても、様々な流派があり術技があります。

 

現代剣道は一刀流を基礎としていますが、そうではない古流剣術では非常に特徴的な術技や動きもあります。

 

昔はまさに玉石混淆の時代もあったでしょう。

 

そんな中当流は所謂剣術で考えると、以下のような特徴があります。

 

半身の入れ替え またそこからの引き斬り 袈裟斬り 青眼構えや八相構え 独特の手の内

 

等、いくつか特徴を上げることが出来ます。

 

これらは比較的現代剣道とは遠い技術です。

 

剣道と剣術は大きく異なります。善し悪しやどちらが上という話ではありません。

 

目的や時代背景、またはルーツが異なるのです。

 

より細かな話で言うと、流祖が影響を受けた宗教(神道なのか仏教なのか)でもまた違った理論や術技になってくるようです。面白いことですね。

 

当流はその意味においては神道に影響を受けているでしょう。

 

それら培われた術技を持って、実戦的な実力も養うことを目的に、現在稽古を行っております。

 

ご興味がある方は是非お気軽にお越し下さい。

 

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士