· 

古武道(古武術)独特の心身操作

指導の中でよくお伝えするのが、

 

「居着かない」

 

事です。これは必ずしも身体のみの話ではなく、心構えも同様です。

 

身体の居着きはひと目でわかります。

 

では心の居着きとは。

 

有り体に言えば思い込みや予想、惑い等の事です。

 

相手の構えから、こう動くだろうと予測は出来ます。

 

ですがこの構えだから、こうしか動かないだろう、ではダメなのです。

 

これがつまり思い込みや予想ですね。

 

惑いは相手を見すぎる事でもあります。

 

相手の挙動に目を奪われすぎて、それ故に自由な動きが奪われる。

 

これもまさに心の居着きと言えます。

 

居着きを生まないために、「脱力」があるのであって、「当流の目付」があります。

 

これらをばらばらなものとして捉えているうちは、うまく体現できません。

 

「中庸」や「調和」もよく口にしますが、こういった意味を持っています。

 

これらが古武術特有の心身操作と言えるでしょう。

 

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士