姿の美しさ

武道・武術では姿や構えの「美しさ」を重視します。

 

ここで言う美しさは審美的な意味ではありません。

 

何となく武術っぽいから。見栄えが良いから。その様な目的で姿を正すように指導しているわけではありません。

 

審美的でないならどの様な観点から美しいとしているのか。

 

それは機能的な面からそのように求められているのです。

 

つまり、美しいか前や姿とは、「理」に適っているので美しいと言えます。

 

正しく機能美ですね。

 

機能美というと大層味気なく聞こえてしまうかもしれません。

 

武道・武術においてはその様に表現すべきではない、とする方もあるでしょう。

 

しかし時も変われば言葉も変わる。

 

どこまでも当時の思想に根ざし、理解しにくい表現を用い続けるのもいかがかなと感じます。

 

残すべき伝統・思想・妙味はあって良いかと思いますが、少なくとも時代に合わせるべき部分もあると思います。

 

そのバランス、つまり中庸であることも武術の本質に近いと感じます。

 

拘らず、固執せずですね。

 

多少俗な見方をすれば、やはり機能美であっても審美的な部分に通じますので、その立ち姿や振る舞いは、美しく映るものです。

 

そのようにしなやかで美しい姿を獲得するために、武を学ぶという動機も大変良いと思います。

 

今時生死をかけた戦いのために、と言われれば、むしろ私の方が警戒してしまいます笑

 

姿の美しさ。武術は武術なりの美しさは、このような機能美に支えられたものです。

 

老若男女 姿の美しさを求めてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士