· 

古武術と格闘技

本日「古武術は格闘技に通用するのか」という非常に率直なご質問をいただきました。

 

確かにこの観点について気になってる方もあるでしょうから、折角の機会と記載しました。

 

勝負は時の運。勝つ負けるは断言できませんが、そう言った点は一切度外視して、記載していきます。

 

極論から申しますと、古武道・古武術は様々な流派があり、流派に(または指導者)による。と言う答えになると思います。

 

所謂「武道」は精神性や道を説くためにあり、そもそも勝負に拘らない性質を持つ流派も多くあります。これは良し悪しではなく、目的の違いです。

 

当流は「古武術」と称します。詰まるところ戦う術ですので、勝ち負け(というよりは生死)に拘ります。故に無手のみならず武器も用います。

 

この様に書くと、では武器がなければやはり勝てないのだろう。という話も出ますが、そうではありません。

 

当流は無手と武器の垣根を作らないという考え方です。

 

話を戻します。

 

当流では、所謂「スパーリングや組手」に相当する稽古を必ず実施します。

 

技の反復稽古も実施します。

 

身体の鍛錬も然り、精神の鍛錬も然り。

 

相手が何者であろうとも、遅れを取るわけにはいきませんから当然です。

 

その中に当然格闘技経験者・修行者も含まれます。

 

その為の鍛錬をしています。

 

当流で鍛錬すれば、全ての格闘家に勝てるような技が身につく、と嘯くつもりはありませんが、それでも実戦に耐えうる稽古は行っていると自負しております。

 

まあ正直なところ古武術と格闘技を単純に比較するのは難しいのですが。

 

もし私が十分に無手にて対応できる相手がいたとしても、武器があれば武器を使います。躊躇なく。

 

武術とはそういったものです。