· 

武術への取り組み方。

今年も大過無く武術に取り組むことができました。

 

今年を振り返り、来年へ活かしていきたいと思います。少し気も早いですが。

 

当流の師範代の言葉で印象的だったものが一つ。

 

盆、年末、正月等、普段人が休む様な日に稽古を行っていた時の事です。

 

「人がやらないタイミングこそ鍛錬しなければ」

 

と一言。

 

この真摯な姿勢には頭が下がります。

 

武術は始めるのに都合の良い時期などありません。いつだって今からが良いと思います。

 

また稽古するのに不都合な日もありません。時間があれば少しでも良いので、今やれば良いと思います。

 

とはいうものの、結局は武術を学ぶことが「楽しく」「有意義」であれば自然とそうなると思います。

 

私はそのお手伝いができれば良いです。

 

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士