· 

実戦的な格闘術について

無手の技術、所謂「格闘技」について考えます。

 

当流は自身が無手であっても、相手方の武器や刃物の使用を想定した技術です。

構えや身の捌きにその特徴があります。

 

実戦というものは、当然ながら審判やリングや時間制限はありません。

その為以下のような考え方が必要になります。

 

・いかに相手の攻撃をかわすか。

 

・かわした後に、相手を制する準備が出来ている立ち回り

 

・地の利を活かす。その為周囲の状況や環境を観察する

 

・平静を保つ

 

上記のみではありませんが、分かりやすいものを挙げました。

 

当流は実戦に役立つ優れた技術が存在すると自負がありますが、技があってもそれだけでは実用に耐えません。

 

実戦に役立つ格闘技として捉えたとき、次の要素が重要です、

 

・技の反復練習

 

・立合い(組手、乱取りに相当)による実戦的稽古

 

・身体の鍛錬

 

・精神修養

 

 武術はすべからく「心・技・体」の調和のとれた鍛錬を行うべきであると考えます。

 

また、武術は総じて「慣れ」の部分もあります。

 

そのための鍛錬です。

 

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士