· 

強くなれる武術とは

日本には実に多くの武術諸流派が存在します。

 

これから武術を初めて強くなりたいと考えている方は、どの流派で、と考えていると思います。

 

結論から言うと、どの流派を学んでも強くなれます。

ですが目指す強さの方向性によって学ぶべき流派は異なります。

 

 

●格闘家タイプ

ストイックに身体を鍛え、最大化した運動能力を持って競技を楽しみたい。

あまり難しく考えず、気持ちよく鍛錬を行いたい。

 

(おすすめ流派)フルコンタクト空手、柔道、剣道 等

 

(はじめる難易度)★

全国的に多くの道場があり、競技人口も多いです。

 

(年齢による難易度)★★★

上段者は長く修練している者が多く、また身体能力が重要な要素であるので、年配者が新たに参入し結果を出すことは比較的難しい。

 

 

●護身術タイプ

他人と競うこと無く、自身のペースで身を守る術を学びたい。

他人と争う事は好まない性格。また稽古は楽しみながら行いたい。

 

(おすすめ流派)合気道 古武術 甲州流柔術 等

 

(はじめる難易度)★★

空手、柔道と比べると道場は少なめです。

 

(年齢による難易度)★

目的は護身で、他と比べることがないため、加齢によるハードルは感じないことが多い。

 

 

●武術家タイプ

競技では無く、実戦を想定した強さを得たい。加齢により衰えない、身体能力に依存しない強さを得たい。様々な状況に対応できる術技を、思想や心構えの心技体調和のとれた鍛錬を行いたい。

 

(おすすめ流派)甲州流柔術

手前味噌で恐縮ですが、当流は技しかり、身体の鍛錬しかり、精神修養しかりで、調和のとれた鍛錬及び実戦的な立合い形式の鍛錬(組手や乱取りに相当)を行います。

 

(はじめる難易度)★★

稽古場所は基本的に新宿です。個人指導も有り。通いやすい環境です。

 

(年齢による難易度)★

当身一つ見ても、筋力頼みではない、身体の使い方を学びます。

また無駄に体力を使わず、身のこなしや捌きを重視した立ち回りなど、加齢の後も同様に効果を発揮できる術技を学びます。

 

 

最後は宣伝のような形になってしまいましたが、ご参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士