· 

当身と捕手について

当流では無手による格闘術も当然習得をします。

 

運足からの捌きは剣術同様に重要ですが、体術では当身と捕手の修練も重要です。

 

当身とは・・・掌、手刀による打撃 及び 体当たり等の攻撃を総称していう

 

捕手とは・・・捌き手から相手の四肢等を取り、崩しや投げに繋げる技

 

当流の当身においては、掌の使用が多くございます。

 

合戦の場においては甲冑を身に纏う敵と相対する場合、拳で当身を行うことは得策ではありません。

 

また当流の特徴的な構えから相手の攻め手を裁く場合、手のひらは開いている状態が好ましいという理由もあります。

 

無手による対刃物も想定しているため、当流の構えはその理に適ったものとなっております。実際にご覧になりたい方はぜひ見学・体験にお越し下さい。

 

 

当身の勘所を記述します。

 

当身は用意に用いることが出来るものですが、それ故読まれやすいものでもあります。

 

所謂「起こり」を捉えやすくもあり、逆に言うと以下にこの起こりを見せない、出さない、見取らせないかが重要になります。

 

当流では運足、体の入れ替え、拍と間合いの使い方など、様々な修練を通して、絶対的な速さと異なる相対的な速さの体得を目指します。

 

 

捕手の勘所を記述します。

 

捕手は所謂柔道のような投げ技とは少し異なります。甲冑武者に対する技術でもありますので、自然と使用する場面や求める効果が異なるためです。

 

また捕手はまず相手の立身中正を崩すことが肝要です。

 

しっかりと踏ん張り、投げを警戒する者に対して使う技術ではそもそもないのです。

 

その意味で、当身と捕手はお互いを補完し合う技術でもあります。

 

当流では、先のブログでも記しましたが、中庸であることを重視します。

 

攻守偏らず、当身と捕手も偏らず。

 

 

ご興味のある方は、ぜひ見学・体験にお越し下さい。

 

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士