· 

女性のための護身術

当流の技術はまず自分の身の安全を確保してから反撃に移る形です。

 

相手が刃物などを使用している場合は特に必要な考え方です。

 

そのため性別に関わらず、身のこなしでかわし、最適な反撃を行います。

 

現代でも女性が身の危険に晒される自体は十分にありえます。

有事の備えは日々の鍛錬からです。

 

女性のための護身術 ポイント

 

・スプレー缶等所持している物を利用する

ヘアスプレーなど日頃お持ちでしょうか。握りやすく丁度鈍器替わりになります。素手で攻撃するよりもずっと効果的です。

 

・ひっかき、張り手など中途半端な攻撃はしない

ひっかきや張り手等は、表面的な痛みはありますが、相手を制する効果は薄く、むしろ相手の逆上させる可能性があります。

 

・危険な人物、場所には近寄らない

護身術というと殊更技に注目されますが。立ち回りや日頃の危機管理を含めての護身術です。これを疎かにしては始まりません。

 

・真に効果的な技を1つ覚える

護身術の書籍等は、相手がこう来たらこう返す、のように実に多彩な技が載っています。それら全て覚えることも、ましてや習得することも不可能です。出来るとすれば既に有段者レベルなので、護身も何も無いでしょう。

武術はそもそも身を守る術でもあります。常に一定の効果得られる技をひとつマスターすればそれが一番良いのです。

 

いかがでしたか。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士