· 

心構えその二 おおらかに

武術は合戦の技術です。

 

おおらかに、とは対極に思えます。

 

しかし当流は「おおらかに」を目指します。

 

●大きく観て、緩やかに動く

集中とは一点にフォーカスする事をイメージする方が多いでしょう。

ですが当流では「観の目付」と申しまして、相手の全体、動き、周囲の状況などを

集中しながらも大きく観ます。以下のような理由があります。

 

・四肢の末端に意識を集中してしまうと、技の起こりや相手の動きが見えない

 

・周囲の環境観察を疎かにすると、思わぬ所で足元を掬われる

 

・敵は一人とは限らない

 

・敵が無手とは限らない(隠し武器や罠の類)

 

観の目付をもって、必要十分な動きで、速すぎず遅すぎず身を躱す。

このような心身の働きを用います。

 

 

●流水の如く緩やかに、円の動き

当流は直線的な前後の動きをあまり用いません。

このあたりは研究動画をご参照ください。

その理由は明確です。

 

・飛び跳ねるような勢いのある動きは、断続的な動きになり、隙が生じる

 

・速すぎる体の捌きは、相手に動きを察知され、合わせられる可能性がある

 

・必要以上の素早い動きは、無駄な体力の消耗を招く

 

当流派で特に必要十分な動きと表現します。過不足無く「中庸」の心構えが

必要です。

 

つまり「おおらか」とは、

 

・大きく観る

 

・淀み無い必要十分な緩やかな動き

 

と要約できます。技術的な話に聞こえるかもしれませんが、これらを実践に用いるには

やはり心構えです。

 

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士