· 

健康、体力作り、レクリエーションとしての武術

武術は真剣に学ぶべきですが、私は趣味として、体力作りのため等という理由も大いにあって然る可しと感がております。

 

武術は命のやり取りの中から発生した技術であるため、当時学ぶ方々にとっては、真剣そのもの。ですが現代はどうでしょうか。武術を長年学んできた私にしても、命を掛けるような実戦は今までで一度も経験はありません。おそらく今後も無いでしょう。(もちろん油断は禁物ですが)

 

平和な現代日本で何故武術・武道を学ぶのか、自然と答えは見えてきます。

お仕着せのように、武術に取り組む者の心構えを説く指導者もいますが、私はそういった心構えは自己発生的な物でなければ意味が無いと感じております。(もちろんその心構え自体は、当然大切です)そのような心構えの発生を促すのが、指導者の務めではと感じております。

 

話がそれました。つまり現代において、武術を学ぶ際には、趣味で、遊びで、健康のため等の実戦とは無縁の理由であっても一向に構わないと思います。

稽古にあたっては真面目に、真剣に。という心持ちさえお持ちいただければ。

 

当流はその様な考えのもと門人と楽しく稽古を行っております。

古武術に、刀流にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士