· 

刀剣について

所謂日本刀ですが、刀剣は現代において美術品として扱われます。

本質は武器であり、人を殺める目的にのみ求められたものです。

その機能も兼ね備えた美しさから、寄贈品や褒章として扱われることもあったでしょうが、その本質とは外れます。

 

刀剣を愛する方々は、刀剣は美術品であるから、下手の試斬は見るに忍びない。鑑賞にのみ所持すべしと考える方もあるでしょう。これも正解だと思います。そこまで刀剣を愛する方々が在る事は大いに歓迎すべき事ですし、またそういった方々が在るが故に現在も刀剣や刀工は、苦労を伴いながらではあっても継承されてきたのでしょう。

 

当流では試斬稽古を行います。畳表を用い袈裟斬りにて刀線刃筋を確かめる。手の内の感覚を慣らす程度の強度でしか行いません。そもそも刃筋がまずく、刀剣を曲げてしまうような腕前では、試斬稽古は残念ながら許可しません。これはどの流派でも当然だとは思います。つまり刀流において刀剣の扱いは、前述の所謂美術品としてのそれとは異なります。当流はあくまで武術。そのため当然求められる技術として刀剣の正しい操作があります。そのため刀剣を用いて試斬稽古を行いますが、それでも刀剣に対する想いが劣っているわけではないと自負しております。自らの命を預けるが故に、試斬稽古にしても常に真剣に取り組むし、ただの武器、道具として扱いではなくなります。

 

刀剣と向き合う立場は違えど、刀剣に対する真摯さをもっていたいと考えております。

 

 

東京 新宿 古武術・古武道・剣術等の武器術を学べる道場「甲州流柔術」

師範 埴原有希士